• ホーム
  • 男性ホルモンによる薄毛は頭皮治療で改善

男性ホルモンによる薄毛は頭皮治療で改善

男性ホルモンは薄毛の原因になると言われていますが、男性ホルモンそのものによって薄毛になる事はありません。
近年の研究によって薄毛になるメカニズムも解明されていますが、男性ホルモン自体が原因で薄毛になるのではなく、還元酵素と結び付き、脱毛を促進する物質へと変換された事によって薄毛になるのです。

そして特定の物質が生成されてしまい脱毛が始まった場合、その症状はAGAと呼ばれています。
男性に深い関わりがある脱毛症であり、男性が薄毛になる最たる要因とされているのです。
AGAが発症した時でも育毛を行う事で改善される事がありますが、特に有効な育毛法として頭皮治療があります。

頭皮治療の方法には色々な種類がありますが、ベーシックな方法として飲み薬を利用する事です。
前述したように男性ホルモンが元になって脱毛を促進する物質が生成されてしまうのですが、飲み薬を利用する事で生成を阻害する事が可能です。
そして原因物質を食い止める事で抜け毛も収まり、発毛をさせ易くする事ができます。

頭皮治療として塗り薬を利用する方法もありますが、塗り薬も高い効果があります。
AGA用の塗り薬には血管を拡張させる成分が配合されていますが、血管拡張は血行を促進させる作用よりも効果が高く、効率的に発毛を促す事ができるのです。
そして飲み薬と併用する事で相乗効果が発揮され、効果的な育毛が可能になります。

頭皮治療として注射治療も挙げられます。
これは飲み薬と塗り薬の有効成分やその他の成分を混ぜたカクテルを注射で注入する治療法ですが、頭皮に直接注射をしますので高い効果があるのが特徴です。
短期間での発毛も可能とされており、より効果的な頭皮治療として注目されています。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索